ベトナム旅行の記憶(3)

ベトナム旅行の記憶(2)の続きです。

この日はホーチミンの名物でもあるバインセオを食べにノロノロと集まる。昨日の宴からの酔いがこちらは全然抜けていない。バインセオって何なんだ、お好み焼きみたいなものって聞いたけどそんな重いもの食べれないって思ってるところ到着したのがこちら。バインセオ46Aというお店、かなり人気らしく並んで待ってる人もいた。15分くらい待って空いた席に座ると、ベトナムのビールやら出てきて宴の続き。

バインセオ46A @ホーチミン市、ベトナム
バインセオ46A @ホーチミン市、ベトナム

テーブルの真ん中の黄色い生地のやつがバインセオ。バインセオはどんな味かというと、優しい。全然重くない。生地もクレープに使うような薄い生地を使っているので食感がサクサクしていて食べやすい、中の具はベトナムでいう餃子?みたいな具が入っていて美味しい。XO醬ベースみたいなタレとすごく合う。非常に食べやすい。

バインセオ46A @ホーチミン市、ベトナム
バインセオ46A @ホーチミン市、ベトナム

生春巻きと揚げ春巻きも登場して朝からガッツリ。管理人はパクチーとか苦手と思っていたのだけど、ベトナムの気候の中で食べるとすごく食べやすくてこれが本来の薬味としての使われ方なのかと感心した。パクチーはこの辺から全然苦にならなくなったので、ここからフォーを注文する時も追いパクチーを注文するようになる。ホーチミンに来たのなら是非行ってみてくださいバインセオ46A、現地の人達も並んで待つぐらい美味。

ホーチミンにあるテーマパークに行ったら楽しすぎた

ホーチミンには気合が入りすぎているテーマパークがある。スイティエン公園という名前らしい。なんでも、かなりの建設費用を使って建てられた後にあんまり現地の人達が来なくなって連日ニュースに取り上げられるくらいの閑古鳥だった時期もあるらしい。そんなに建設費使ったのに?

着くと入り口の装飾からしてバブリー全開。笑
もうここまでド派手にハイカラで来られると冒険心くすぐられてしょうがない。

スイティエン公園 入り口
スイティエン公園 入り口

中に入るとかなり荘厳な建物が多く、さすが気合が入ってるなと感じるところがたくさん。このテーマパークの中はかなり広い、散歩というよりも運動しに来てるぐらい歩いた気がする。

スイティエン公園
スイティエン公園
スイティエン公園
スイティエン公園

建物の荘厳さと大きさは気持ちがいいほどスケールが大きい。園内にはカフェやら食べ物屋やら充実していて特に困ることは無い、そして人少ないからまず並ばなくて済む。確かに広さの割には人はかなり少なく感じた。

園内のアトラクションはというと、、工事中のものが多かった。ゴーカートはめちゃめちゃ楽しいみたいだけど工事中で乗れなかった。あとは何故かオバケ屋敷の数が多い、各ブロックに2個ずつぐらいの間隔で作られてる。そしてコンセプトが丸パクリのものがちょこちょこあった、ハリーポッターとか。笑 園内で流れてる音楽も急にディズニーの音楽かかったりと自由。笑 なのであんまり写真は撮らなかったけど、面白いは面白かった。

そして一番面白いと思った場所はここ、ワニ釣りができる池。

スイティエン公園 ワニの池
スイティエン公園 ワニの池

想像以上にワニ多め。笑 水鳥はここに着水したら回避不能。笑
池の中心まで柵で守られた通路が続いていて、エサを買ったら釣竿につけてくれる。柵で守られててワニは入ってこれないけど手を伸ばしたら触れる距離にワニいる。超ワニいる。指でも噛まれたら余裕で引き千切られるサイズなので迫力満点。こいつは間違いなくこちらを狙っている。

スイティエン公園 ワニの池
スイティエン公園 ワニの池

渡される釣竿には針が付いていなくて、太いワイヤーに肉の塊を結ぶだけ。笑 でも十分にワニの強さを感じられるので、ワニと闘ってみたい人にはオススメ。

スイティエン公園は規模も大きくて1日過ごすなら十分楽しめるところだと思った。かなり大きなプールも開いてる時は水着持参で入れるとのことだったので、ホーチミンに来たのなら一度行ってみては。

ベトナム旅行の記憶(4)に続きます。 To Be Continued…

最新情報をチェックしよう!
>旅に出よう、その瞬間を楽しもう

旅に出よう、その瞬間を楽しもう

世界中に存在する文化や芸術は時に、自分の存在や当たり前の日常にスポットライトをあててその小ささや深みを知るきっかけをくれます。見たことないもの・味わったことがないものを探して本当に好きなものは何なのか、本当にやりたいことは何なのかを長くて短いような人生の中で探し歩いていく。旅に出ることで自分の慣れや固定観念を覆すような出来事を体験しよう。そんな人達に見てもらえたら・役に立てたらと思いながらブログを綴っていきます。
当分はアメリカ・西海岸のお話が続くと思いますが、こんな楽しみ方があるんだって思えてもらえたら嬉しいです。
自分の旅はこんなだったよっていう方、SNSでコンタクトください〜。

CTR IMG