ロサンゼルス 人気のファストフード店まとめ10

アメリカで美味いジャンクフードを探してるなら、ロサンゼルスで食べられる人気のファストフード店をまとめてみた。どの店もカジュアルな値段で10ドル出せば美味しいものが食べられる。どのお店も長くやってきてるだけあって特徴があったり面白いから一番近いところへ探して行ってみたらいいと思う。

  1. PINKS!
  2. Chipotle
  3. In N Out
  4. Jack in the Box
  5. Carl’s Jr
  6. Chick fillet
  7. Chicken Maison
  8. Panda Express
  9. Poke Bar
  10. Yoshinoya

1. PINK’S HOT DOG

PINK'S HOT DOGS
PINK’S HOT DOGS
PINK'S HOT DOGS
PINK’S HOT DOGS

ピンク色の目立つ看板でかなりファンキーなホットドッグ屋。ロサンゼルスのダウンタウンに昔からあるこのお店は、まさに老舗と呼ばれるにふさわしい雰囲気で今も商売を続けてる。お店がスタートしたのは1939年から!
大きなボリュームのホットドッグはもちろん、今までこの店で買い物をしていったハリウッドスターやミュージシャンの写真も店の中に飾られている。このピンクスのホットドッグを買うのも記念になると思う。

PINK’Sの詳細記事

2.Chipotle

CHIPOTLE BURRITO
CHIPOTLE BURRITO
CHIPOTLE
CHIPOTLE

陽気なスタッフがお好みのブリトーを作ってくれるこの店はいつもゴキゲン。笑 元々はメキシカンの食べ物だったブリトーやタコスを、自分の好みに合わせて組み合わせていく。英語が話せないからと怯む必要は全く無い、指ぐらいさせば何を入れたいかわ伝わるから。笑 このメキシカン料理屋はアメリカナイズドされて本格的なメキシカン料理とは違うけど、ある意味洗練されて味もボリュームもこの店が好きだと言う人はたくさんいる。

3.In N Out

ただのハンバーガー屋じゃなく、ご飯どきになるとドライブスルーに長蛇の列ができるこの店の最大の特徴は食材を冷凍したり電子レンジで温めて出すことはしないと宣言しているところ。あくまでハンバーガー=健康と思っている人はいないと思うけど、冷凍しない・レンジを使わないってところに丁寧さを感じる人は多いそう。未だに東海岸へ進出はしていないが、西海岸にやって来たらこのお店にふらっと立ち寄ってみるといいと思う。西海岸のアイコン的なハンバーガー屋。

4.Jack in the Box

Jack in the Box
Jack in the Box

びっくり箱の意味がある「Jack in the Box」という言葉を店の名前にしているこの店はもう60年以上もびっくり箱を続けていることになる。アメリカ国内でのドライブスルーをいち早く取り入れるなど、アメリカの人々と共に生き残ってきた老舗の一つでもある。ファンも多いので、ハンバーガーの店を決めるのは大変。でも行ったことがないのであれば、Jack in the Boxのハンバーガーも食べてみよう。

5.Carl’s Jr.

Carl’s Jr.
Carl’s Jr.

日本の自由ヶ丘やお台場にも進出し始めたこのカールスジュニアは具沢山でがっつり食べ応えがあることで人気なハンバーガー屋。管理人もこのハンバーガーは大好きで、オススメはビーフパティが2枚入ったSuper Star。これにドリンクとフレンチフライをつけるともうお腹がいっぱいになる。ハンバーガーは綺麗なレストランでも食べられるけど、カジュアルに10ドル払えば美味しいものが食べれるこの雰囲気はアメリカのファストフード店の醍醐味でもある。

6.Chick-fil-A

Chick-fil-A
Chick-fil-A

Chickとは英語でchiken(チキン)のこと、チキンをメインに押し出したように聞こえるこの店はチキンを挟んだハンバーガーを売ってる。笑 でもさすがチキンを押し出してきてるだけあってこの店のチキンハンバーガーはジューシーでびっくりするぐらい美味しい。レギュラーとスパイシーを置いてあるので辛くてジューシーで美味しいハンバーガーが食べたかったらこの店が断然オススメ。フレンチフライにつけるソースも種類がたくさんあるので、美味しさで言ったらこの店が一番かもしれない。

7.Chicken Maison

Chicken Maison Original Chicken
Chicken Maison Original Chicken

この店はちゃんと調理されたチキンと野菜や米をプレートとして出すので、あまりファストフードには当てはまらないかもしれない。地中海料理と言われてピンと来る人は少ないけど、日本では都内で結構売ってるケバブとかと出身地が近いと言えば想像してもらえるだろう。地中海ならではの香りのするスパイスとヨーグルトみたいな酸味があるソースに絡んだチキンはすごく美味くて、日本ではまだそこまで広まっていない味だと思う。メインのチキンを注文するとサイドを2種類選べるので、野菜たっぷりが欲しい人もしっかり食べれる店。値段はもちろんカジュアル。

8.Panda Express

アメリカで広まったメキシカンのブリトー屋がChipotleなら、中華料理・チャイニーズはこのPanda Express。パンダのマークに釣られて中に入ってみると、プレートのスタイルを選んだらおかずを一品ずつ選んでプレートを完成させる。値段も10ドルを切るのでカジュアルだけど、味は普通に美味しい。持ち帰りにも向いていて、こんなスタイルのチャイニーズフードは冷静に日本ではあんまり見ないと思う。注文するとお決まりでフォーチュンクッキーをもらえる。笑

9.Poke Bar

海に囲まれたハワイ島からやってきたポキという料理は、シーフードを好きなだけ選んで好みのサラダや米と組み合わせてボウルを注文できる。マグロの赤身やエビはもちろん、日本の文化も根付いてるハワイアンらしく醤油やわさびも置いてたりする。海藻を使ったり、その上にガーリックを乗せたりと好きな味を作ってみるのもすごく楽しい。サクッとシーフードが食べたいのならこの店がオススメ。

10.Yoshinoya

日本に低価格で牛丼を提供してきた牛丼チェーンは、遂に西海岸でもお馴染みの食べ物になりつつある。店名が日本語なのであまり名前自体は流行るわけないのだけれど、Yoshinoyaに注文しに来る人達は意外とローカルのアメリカ人が多い。アメリカのスーパーではすき焼き用ぐらいの薄い肉とか豚バラは売ってることはかなり珍しい、売ってるとしたらステーキ用かブロックの肉が大体普通に売ってる。日本式な調理法や味付けはジワジワきてるっぽいので、日本とどれだけ違うかを確かめてみるのもいいかも。

最新情報をチェックしよう!